FC2ブログ

この国の本当の仕組みーーその8(糞つまんないゲーム)

susa

この国の本当の仕組みーーその8(糞つまんないゲーム)


ET(ゲーム)

糞ゲーマニアには超有名なゲーム ただし、遊んだことのある人(日本人)は、すごく少ないと思われる。ATAEI社がコンシューマーゲーム機で天下をとってブイブイ言わせていた頃、クリスマス商戦に映画ETをモデルとしたゲームを販売すれば爆売れ間違いなしという官僚的とも言える発想によって、数週間という短時間で無理やりでっち上げ、当時流通していたハードウェアの総数よりはるかに多い数のソフトを販売してしまった(このソフトを目的に、新規ユーザーが大幅に増えるという夢を観てしまった?)ため、当然のように返品と在庫の山を築いてしまい、ネバタだかアリゾナだかどっかの砂漠に穴を放ってン百万本のソフトを埋めたという、伝説の糞ゲー。後にATARI社は数兆円規模の負債を抱えて倒産するが、この伝説は、その倒産劇のクライマックスのようなものであった。


面白いゲームに共通する要素というのは、ルールが解りやすく(単純、複雑という意味ではない)、誰に対しても公平で、個人差はあっても努力によって上達してゆく。

もちろん、バグなんてない。


一般的に、そういうものです。


たまに、理不尽を売りにしたゲームもありますが。

(他人に遊ばせて、失敗の連続を、横から観ている人たちがゲラゲラ笑ったりするアクションゲームのようなヤツ)。


ただ、そんな理不尽な死にゲーは、正直、プレーヤーに素直に喜んでもらえません。

ゲームの黎明期には、「なるべく長時間遊んでもらうため」、あえて不親切な仕様の理不尽ゲームが出回っていましたが、ファミコンが爆発的な売上を叩きだした頃から、そういう「理不尽」を売りにしたゲームは姿を消してゆきました。


「政治」も、基本はこれと全く同じです。


ルールが解りやすく、誰に対しても公平で、努力すれば誰もが徐々に暮らしぶりが向上してゆくーー

そういう社会体系が確立されていなければ、

「国民から見向きもされなくなる」ことから、社会の劣化が幾重にも重なり、

「腐りきった糞国家」へと成り下がります。


ところが、上記の「ET」のゲームのように、「欲にとりつかれた現場の人々」は客観的に物事を考えることが出来ません。


仮に、安倍政権を、稀代の糞ゲー製造機だと仮定しましょう。
マスメディアは、かつての「ファミ通」のようなゲーム専門誌だと思ってください。
そこには沢山のお抱え記者がいて、糞ゲーでも甘い評価をつけてもらえます。

販売しているのは、キャラゲーかなんかで、根強いファン(安倍信者)によって買い支えられるため、一定数の売上は見込めます。


でも、そんなゲームメーカーに、未来なんかあるわけ無いって事は、誰にもハッキリと理解できるはずです。
そんな国に、未来なんかあるわけ無いって事は、誰にもハッキリと理解できるはずです。

確かに、マニアは喜んでいるのでしょう。
確かに、メディアはゲームの売上がどうであろうと、自分に仕事を回してもらえるならソレでいいのでしょう。

でも、「ソレ以外の人々」にとっては、苦痛以外の何物でもないのです。
ゲームは、「遊ばない」という選択肢がありますが。
国家運営に関しては、「従わない」という選択肢はありません。

糞ゲーというのが、プレイヤーの事を全く考えていない「作り手のオナニー」であることが殆どですが、
現在のこの国の政治も、「作り手のオナニー」そのものだと言えるでしょう。
(ネットで出回っている「竹中平蔵の、自分で提言して、自分で案を出し、自分で参入して、自分で儲けるサイクルの図」なんて、まさに壮大なオナニー以外の何物でもありません。「防衛部門が強化されれば、後はどうでもいい」という人々のやっていることも、やはり、オナニーです。オナニーというか、こっちは「薬物中毒」ですね。「中国」「韓国」「民主党」というようなフレーズに対して恐怖心を植え付けられてしまった人々にとって、「防衛力強化」というワードがモルヒネ(痛み止め/麻薬)として作用していて、※完全な中毒になっちゃっている)


山本太郎氏が、「みんなに忖度しろ」と盛んに訴えていますが、表現を変えれば、「(自分たちだけ気持ちが良くなるような)オナニーを辞めろ」って事ですよね?


中毒性の問題については、「パチンコ」の依存性と、それを喰い物にする業界・及び政治という構図が有名ですが。政治の世界でも、パチンコと全く同じ、「依存性」と、それを喰い物にする業界・及び政治という構図が出来上がってしまっているんですね。恐ろしいことですが……。その結果、パチンコ中毒患者が家族の事を犠牲にして生活費などもパチンコに突っ込んでしまうのと同じように、「中・韓・民主」恐怖症の人々は、一般国民を犠牲にしても、「防衛」にお金を費やそうと必死になっている。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply