FC2ブログ

考察-自家製『時限発火装置』は政治を変える?

susa

考察-自家製『時限発火装置』は政治を変える?

 先日は、1602などといわれる文字表示装置とマイコンの接続に成功しました。
 最初にSTM32、ついでSTM8で表示に成功しました。
(Arduinoに関しては、ずっと前に出来るようになっていましたが、ライブラリを使っただけなので、あまり面白くはありませんでした。今回のプログラムは、ライブラリ未使用で、基本的に自作です)

LCD1602_STM32-SYSTEM-2.jpg
STM32で作った表示装置の試作品 製造経費は全部あわせて2〜300円。
STM8版は、プログラミング(コンパイラ?)に問題があって、カタカナ表示に難がある。どうしたものか。

 これで、とりあえず自分の持っている技術を使って作ってみたのが、「タイマー」。
 横に16文字表示できるので、月(2+空白1)、日
(2+空白1)、時(2+空白1)、分(2+空白1秒(2+空白1)年を1桁表示できます。つまり「10年タイマー」です。
(表示方法を工夫すれば、1万年タイマーでも100万年タイマーでも可能です)
 まぁ、耐用年数やら電池で駆動させることを考えたら、上限は数年、使い方を限定して数日とかにするのがいいと思います。

 そして、指定された時刻になったら、回路に「特別な」信号が送られるようにすればーーもはやそれは、「時限発火装置」や「時限爆弾の起爆装置」の回路そのものですね。

(昔のドラマに出てくるような、目覚まし時計を改造した時限装置というのは、いまは、時代遅れのジョークアイテムだと思います)

 で。
 最近は世の中にこんなものが出回っているようです。

USBライター

 コレを組み合わせると、わりと簡単に「時限発火装置」が完成するはずです。
 しかも、このUSBライターは電池が内蔵されているので、制御に使用するマイコンの電源も確保できたようなものです。

 テロリストに朗報ですーーと言いたいところですが、テロリストは既に似たような、あるいみ、もっと実用的なアイテムを使用しています。

Al_Qaida_watch_timer_on_perf_board_84071_-a.jpg
アルカイダが使用していた時限爆弾の起爆装置。カシオの腕時計を使用している。

 マイコンよりも、カシオの腕時計のほうが、時間は正確ですし、アラーム設定も楽ですし、大きさも申し分ないですから、これで十分なのでしょう。(マイコンについて学習する必要も無いですから)

 それと、お断りしておきますが、私は「テロ」を推奨しているわけではありません。

 人類は、黎明期に「ナイフ」という道具を手にするようになりました。
 黒曜石を叩いて作った打製石器のナイフが初期のナイフの傑作ですが、このナイフは、現在の金属製の刃物よりも切れ味が鋭く、この時点で、力の弱い女性も、他人(強い男性)を殺傷出来るようになりました。

 こっそりと近づいて、手に隠し持っている黒曜石のナイフで首筋をスっと斬りつけるだけで、弱い女性でも、屈強な男を殺せるのです。

 この事は、人類社会にかなり大きなインパクトを与えたはずです。

「追い詰め過ぎたら、逆に自分が復讐されて死ぬかもしれない」
 そういう認識が芽生えたことが、人類社会を間違いなく変えたはずです。
 これと同じ思想は、現代のアメリカ合衆国のような「銃の保持が合法」とされている国でも息づいています。
 逆に、武器等がほぼ全面的に「非合法」となった日本のような国では、「弱者に対する、目に余る容赦のないしうち」が多いように思います。

 さて。
 ここで、「時限発火装置」です。
 今の時代は、時限発火装置ぐらいは小学生でも作れるーー目覚まし時計とかいうローテクではない、半導体式の高精度なやつを作れるーーというような「現実」を認識すると、必然的に権力者は「復讐」を想定せざるおえなくなるはずです。
 建物の何処かから火が出たぐらいでは、たいていは余裕で逃げられる、と思いがちですが、京アニメのような悲惨なケースもありますし、たとえ自分は無事でも、家屋敷や会社や工場が標的になったりしたら、そちらの被害は「お手上げ」です。

 そうすると、「あぁ、あんまりいじめすぎると逆襲があるかもしれない……」という思考が頭の何処かに根付いて、それによって、「酷すぎる事」は出来なくなるーーというのが、人の常です。

 あるいは、「マイコン」とか「腕時計」の保持を法律で禁止してしまうという手もあります。
(もちろん、そんなことをやっても上手く行くはずはないし、このご時世にマイコンを禁止したりすると、北朝鮮より劣化した国に成り下がる)
 しかも、法律で厳しく取り締まっても、いつ仕掛けられたのかの特定が難しいと、犯人を逮捕するのは著しく困難になります。


 考え方としては、武術と同じです。

 武術を習うのは、他人を傷つけるためではない。
 でも、「正しい心」を持った人間が武術を習って強くなったことで、社会は「良い」方向に変わる。少なくとも、その人の周りが少し、良い方向に変化する。

 もちろん、力を悪用した場合は、世の中は悪い方向に動く。

 まぁ、紛れもなくこれは「テクノロジーの一般化という現実」の1つなので、我々は、この現実を認識し、考察を行うべきだと思います。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply