FC2ブログ

日本を復活させる劇薬ーー7(「世襲工作員」は、祖国の滅亡を切望する)

susa

日本を復活させる劇薬ーー7(「世襲工作員」は、祖国の滅亡を切望する)

世襲ですする血税は……
ネット上で拾ってきたチラシ。10分で作っただろう? というぐらい、いい加減ではあるが、言いたいことはよく判る。

 スパイーー工作員というのは、「バレたら破滅する」という宿命を背負っています。
 そりゃそうですね。仲間を売り渡した裏切り者なんですから。
 スパイへの処罰と言ったら、よほどの利用価値でも無い限り相場は死刑であり、時代を遡れば、一族郎党連帯責任で皆殺し、なんて話は、洋の東西を問わず珍しくもありません。

 工作員第一世代は、自分の意志でその道を選んだのだから、「バレたら破滅」もある程度は納得済みでしょう。
 工作員となってしまった経緯はいろいろあるのでしょうが、「裏切った」のは、紛れもない事実ですから。

 ところが。
 工作員第二世代、第三世代というのは、「立場上の成り行き」から工作員を継いでいます。
 そして、その際には工作員第一世代の罪の共犯者となります。
 しかも、当人は「裏切った」という十代なイベントがありません。最初から、「工作員側」の人間として生まれてきたのですから。

 では、そんな世襲工作員達は、一体、どのような未来を望むでしょう?
 それは、「自分が安心して生きられる世界」
 つまり、「祖国の滅亡」です。

 同胞が生き残っている間は、彼らは常に「発覚」に怯えていなければなりません。
 ですが、同胞が死に絶えてしまえばーーあるいは、何らかの事情で根本的に変質してしまえば、話は変わってきます。

 ですから、「世襲工作員」達は、権力を握った暁には、力の限り同胞が苦しむような政策を推し進めます。

 理論上は、そのようになります。

 さて。
 あなたの身の回りには、それに該当しそうな総理大臣は居ないでしょうか?
 もし居たら、大きな声で「外国の工作員が総理大臣をやっている!!」と言ってあげてください。

(※何が起きても、自己責任でおねがいします)

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply