FC2ブログ

政治経済ーー15(第三次世界大戦ーー我々は「破滅」を回避できるか?)

susa

政治経済ーー15(第三次世界大戦ーー我々は「破滅」を回避できるか?)

ジムとボール
残存兵力の全てをかけて、ア・バオア・クー要塞攻略戦に挑む連邦軍のモビルスーツ部隊
 ジオン軍との宇宙決戦の為、膨大な戦力を準備して戦いに臨んだはずの連邦軍であったが、コロニー・レーザーの照射によって約半数が消滅してしまった。しかし、その程度の損失程度で戦いの幕が降りるはずもなく、地球連坊郡は「全滅」をも厭わない、総攻撃に打って出た。撤退した所で、ジオンの追撃を受けて壊滅し、奪ったソロモン要塞を再び奪還され、連邦軍は再び地球に封じ込められてしまうだけだからである。そうなってしまった時、再度このような大兵力を宇宙に押し上げることは、もはや不可能だからである。

 みなさんは、意識していないと思われますが。
 大三次世界大戦は、ほんのすぐそこまで迫っています。

 第一次世界大戦を生んだのは、「大不況」でした。
 第二次世界大戦を生んだものも「大不況」でした。

 第三次世界大戦を生むものも、おそらくは「大不況」でしょう。
 そして、消費税を10%に引き上げ、2020年のオリンピックが終わるとーー日本初の、世界的大不況が勃発する可能性があります。
 少なくとも、極東アジアの経済活動は深刻な痛手をおいます。
 日本と同じような境遇にあるのが韓国です。
 この両国の衝突、という事態は十分にあり得ます。

「韓国なんて日本の敵じゃない?」
 そうおっしゃいますか?
「北朝鮮」が韓国に協力しても、同じことが言えますか?」
 何発かの「核兵器」を、北朝鮮から調達しても、同じことが言えますか?

 核ミサイルがなくとも、原子力発電所にミサイルを撃ちこめば、打ち込まれた国は、甚大な被害をうけます。
 原発を、何がなんでも再稼働させる、本当の目論見は、もしかしたら「そこ」にあるのかもしれません。
 そのような攻撃をうけてしまえば、日本と韓国の戦力差は、一気に縮小します。
 また、日本は食料備蓄が少ないので、流通が破壊された時点で、都市部では餓死者が大量発生するでしょう。
 アメリカは、「同盟国同士の戦い」には介入しないでしょう。
 中国は、韓国側につく可能性が高いです。
 少なくとも、隙があれば「領土」を奪いとろうーーという方向で、常に機会を伺い続けるでしょう。

 そういう風に考えると、「憲法改正」「武器の大量購入」「どうしても消費税を10%に引き上げる」という首相の腹の中が、なんとなくみえてきます。
 要は、彼らは「大戦争」がしたくてしたくてたまらないわけです。
 それは、「日本」を守るための戦争ではなく。

 単に、「戦争は儲かる」という理由からです。
 戦争を引き起こしたがっている「お偉いさん」は、基本的に、日本以外の場所で生きていける財力があります。
 後は、彼らが「国民を見捨てるか否か」です。

 彼らが、国民を見捨てないと思いますか?
 私は、思いません。


 それどころか、自分たちがさんざん、出鱈目な裏切り行為を繰り返してきた証拠隠滅のためにも、日本を焦土にしてしまう事を、望んでいるだろうとさえ思います。
 そう考えると、この数年間の、国内雇用環境や産業壊滅などお構いなしの過激な貿易協定締結や、実質的な移民の受け入れーーなどが、全て、このための布石だったと解ります。

 彼らは、「日本を滅ぼすための戦争」をやりたかったわけです。


 そんなの、妄想だ!!
 とか、言いますか?

 でも、そういう方に限って「あらゆる可能性に備えろ」「それが危機管理だ」とか、言ってませんでしたっけ?

 我々は、こういうシナリオも想定した上で、行動するべきなんですよ。
 権力者が、実は、最大の裏切り者である可能性も、考慮して、選挙で一票を投じるべきなんですよ。

 軍事力を揃えればとりあえず安心ーーだから、安倍政権を断固支持するーーみたいな、ものすごく頭の悪い人は、よく考えてみてください。

 憎い憎いと思って、力の限り締め付けているその首の上に乗っかっているのは、実は、自分の頭だったりしませんか?
 コイツ等を犠牲にすれば自分は助かるーーそう思って生け贄にしたのは、昨日の自分や、将来の自分ではありませんか?


 まぁ、泣いても笑っても、明日が選挙です。
 明日の投票結果は、私達の未来を、大きく左右する選挙になると思います。

つづく

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply