FC2ブログ

政治経済ーー10(「裏切り者」から考える、この社会のあるべき姿)

susa

 政治経済ーー10(「裏切り者」から考える、この社会のあるべき姿)
 エルラン中将
エルラン中将
 連邦軍の上級将校でありながら、敵対するジオン軍と内通し、機密情報を流していた非常に解りやすいスパイ。彼がもう少し上手に立ちまわっていたら、オデッサ作戦はジオン軍の勝利に終わっていた可能性が高く、そうなれば、地球連邦軍の大々的な反撃がないままジャブロー秘密基地が発見され、司令本部を失った地球連邦軍は瓦解、敗北に追いやられていたと思われる。

 ガンダムの世界には、何人もの「喰えない奴(性根が歪んだ大人)」が出てきます。
 エルラン中将も、そういう(歪んだ大人)の一人として描かれます。
 なにせ、頑張って戦っている味方の情報を敵に流しているのですから、テレビを観ている子供達の眼に彼は「これ以上解りやすい悪はいない」というぐらいの「悪人」に写ります。
 また彼は、小心者のくせに、自分より階級の低い者へ高圧的なので、一目で「憎悪の対象」に出来るという、悪役会の逸材です。

 彼は結局、スパイ行為が暴露されて身柄を拘束されてしまいましたが(彼のその後について触れた作品はなかったように思いますが、おそらく戦後のある時期に、恙無く処刑執行されたのでしょう)

シャア(坊やだからさ)

 他方、ガンダム世界の裏切り者としては、こういう人も存在します。
 シャーアズナブル。
 ザビ家に復讐を誓っていた彼が、ザビ家の末子、ガルマ・ザビを罠にはめて死に追いやったのは、「復讐」であって「裏切り」ではないと考える方も居るかもしれませんが、もしシャアが自ら、「とりあえず一人、復讐に成功した。さて、次はどうやって仕留めよう……」などと考えていたならば、この瞬間、酒場でこんな風に、テレビで放映されるガルマの葬儀の光景を、寂しく見つめたりはしていなかったでしょう。

 君たちの英雄、ガルマザビは死んだ。何故だ!!
 テレビ放送から流れるギレンザビの声に、この時、シャアはポツリと言葉を漏らします
「坊やだからさ」

 この、「坊や」とは、誰のことを指すのでしょう?
 もちろん、私達は無条件に、「ガルマザビ=お坊ちゃん=坊や」と解釈してきました。
 ですが。「坊や=シャアアズナブル」という解釈でも、このシーンを矛盾なく解釈することは可能です。
 シャアは、「ガルマを殺す必要はなかったんじゃないか? ガルマは『良い友人』であって、自分は、ガルマを殺さなければならない理由など、本当は何もなかったのではないか? 自分は、『復讐』という大義に逆上せ上がっていただけの青臭いガキだったんじゃないか?」と、自らの行為を悔やんていたのかもしれません。

シーマ・ガラハウ-s

 また、登場はOVAですが、ガンダム世界の裏切り者として有名な人物に、シーマ・ガラハウという女性がいます。
 もともとは、ジオン軍の毒ガス作戦で、民間人を大量に殺害するという「汚れ仕事」を引き受けさせられてしまったパイロットでした。結果として、敵である連邦軍はもちろん、味方のはずのジオン軍からも目の敵にされるようになって、彼女たちの部隊は「はぐれもの」となり、戦後ももちろん、投降すれば軍事裁判に掛けられて極刑は免れないことから、海賊家業を営んでいた、というような集団の頭領になった女性です。
 そして、「星の屑作戦(コロニー落とし)」への参加を要請された彼女は、これに参加しつつも、連邦軍と内通して情報を横流しし、最後には連邦軍側に立って戦います。

 彼女の生涯は、本人からしたら、「クモの巣に捉えられてしまった」かのような状況で、足掻いても足掻いても、(彼女個人や、彼女の仲間程度の力では)どうにもならなかった事が解ります。

 要は、敗北者なわけです。

 シーマも、シャアも、(おそらくはエルラン)も、人生や、社会の、ある時点における敗北者なのです。
 勝組と負組に二分されてゆくような社会の中で、自らの身の置き場が「負組」以外にないと判った時、人は、この「負組」の中から這い上がる為の手段として、あるいは、「敗者」となった自分を納得するための儀式として、「復讐」を行うことがあるのだと思います。

 ですから。
 二極化してゆく社会というものは、必然的に、「復讐劇」がそこかしこに観られるようになる、殺伐としたものになります。

中東・自爆テロ
中東の自爆テロの跡。
アメリカ(多国籍軍)によるイラク制圧以降、自爆テロは止むことがない。つい先日も、バグダットにおいて自爆テロの報道があった。
「日米同盟の深化」などと寝ぼけたことを言っている人は、アメリカ(アメリカの価値観)による世界の統一が、それを押し付けられる者にとっては、「復讐の始まり」であり、その時、日本は「復讐される側」になるのだということを、理解したほうが良い。

つづく

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply