FC2ブログ

いきもの憑りのお話ーー84(続✕9・名前の秘密「たい焼き(二一一三)」)

susa

いきもの憑りのお話ーー84(続✕9・名前の秘密「たい焼き(二一一三)」)

※この記事は、理解できない方々を徹底的に置いていくスタイルで進行いたします。

 多分、昨年の冒頭のこと。
 自分のアイコンを「たい焼き」にすることに決めました。
 特に深い意味はありまして、「旅」を「話す(吐く)」から、「たびはき=二一一三=たいやき」という、言葉遊びです。

 2ヶ月ぐらい前に、ふと、気が付きました。

「たい焼き」は「二一八三」と書くことも出来て、さらにこれは、「太陽さん」
と読むことが出来るということに。

 わからない人は、徹底的に置いていきます。

「太陽さん」の他にも、あと二人、私の人生に大きな影響を与えた女性が居たことは、前に少しだけ書きました。
 3人共、タイプが全く違っていました。
 あと2人の内の1人は、癒やされるというか、水とか地面みたいなイメージでした。
 もう1人は、「自分の同類?」みたいな感じの人でした。

 太陽、大地、同類。

 この3要素って、基本的に植物にとって、不可欠な三要素ですね。
 世代交代をしてゆく場合なんか、特に。
 そして、私は「鼻(花)の神様」役をやってたりしたわけです。

 そうすると。
 こんなイメージになります。

ひまわり(一輪挿し)
 部屋の中に置かれた、一輪挿し。

 そして。
 私がこんな数奇な運命をたどることになったきっかけをくれやがった「日月神示」っていうものの中に、「一輪の仕組み」なるものがあるんですけど。

 これってやっぱり、コレ(一輪挿し状態)って意味も含まれているんだろうなぁ。
 とか、思ったりします。

 あらゆるものから隔離された、「一人ぼっち状態」。
 自分の人生、そんな感じ。

 誰かに理解されようと思って書いている文章ではありません。
 わからない人は、徹底的に置いていきます。

 一輪挿しの花から世界を眺めると。
「この世界は、割と自分のために作られているかのように見えて、何一つ、自分のものにすることが出来ない。何も思い通りにすることが出来ない」
 全く、なんてことでしょう?
 一見すると、天国っぽく視えるんだけれど、実態は、自由がまるで無い、地獄。

 それで。
 誰とは言わないけど、その人のことを好きになったきっかけってのは、「後ろ姿」だったんだよね。ようは、「黒髪」。
 そんで。
 日月神示ってのも、要は「九の神」の物語なんだよね。
「ヒツ九の神」

 そういう、自分にとって大切なことが次々と、「言葉遊び」で繋がっていってしまうと。
「やっぱり、この世界って変だわ」
 とか思うわけさ。

 自分って、一体なんだろう?
 とか。
 この世界は、一見すべてが自由意志による選択の連続に見せかけて、実際には、すべてシナリオに則って動いているだけなんじゃないか? とか。
 そもそも、「好きになった」という感情も、「付加されたもの」に過ぎないんじゃないか?
 とか。
 なんか、色々と考えたりするわけです。

 そうして、モヤモヤっと、気だるい感じになってしまう。
 どうすれば、このモヤモヤを吐き出して、スッキリとすることが出来るんだろう?
 どうすれば、過去のこと、全部綺麗サッパリ忘れてしまって、新しい気持ちで前へ進んでいけるんだろう?
 とか。
 思うわけです。

 つい先日であったばかりのこの歌も、まるで、私のために作られたみたいだし。



 

For you


作詞:あいみょん
作曲:あいみょん

あなたのためについた嘘
あなたのために変えた過去
あなたのために泣いた夜
あなたのために悩んだ今日

あなたのために 作ったチョコ
あなたのために待った時間
あなたのために笑った朝
あなたのために願った明日

手を振って別れて
まるでまた今度すぐ会うみたいに
風が強く吹くたびに
邪魔くさいもの

あなたのためにのばした髪は
今では傷んで枝分かれて
今週末切ろうと思うの
もう誰のものでもないわたし

あなたはきっと分かってた
わたしの重さに気づいてた
時々わたしも気づいてた
あなたのうんざり伝わってた

腕を掴んで 首振って
まるで駄々をこねる子どもみたいに
涙と絡まって
邪魔くさいもの

あなたのために覚えたメイク
今では枯れた砂漠のように
涙流しても乾いてしまう
もう誰にも求められないわ

いい加減に忘れて
早くこの匂いにも慣れたい
嫌いと投げた携帯には
好きとしか書いてないのにな

あなたのためにのばした髪は
今では傷んで枝分かれて
今週末切ろうと思うの
もう誰のものでもないわたし

もう誰のものでもないわたし

あなたのためについた嘘は
わたしのため


つづく

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply