FC2ブログ

経済の秘密ーチャイニーズスープ編 -その5

susa

経済の秘密ーチャイニーズスープ編-その5

やみなべのせんしやみなべの戦士(元ネタはドラクエビルダーズに登場する闇の戦士)   国民的RPGゲームドラゴンクエストの記念すべき第一作目に、その後、各分野に多大な影響を与えたあるイベントが発生する。ラスボス、竜王から、「世界の半分を与えるから、配下に加われ」と提案されるイベントである。あまりにも「悪」すぎるこの展開は、純真な子供たちのみならず、樹yん死んではない大人たちにモアで、多大な影響を与えたと言われている。現在では、「もし わしのみかたになれば せかいのはんぶんを ◯◯に やろう」
は、地位の高い悪役のセリフとして、もはや定番とかしてしまった。画像は、「やみなべの戦士」としてある。どういう意味かは、本文を読めば判る。なお、その文脈でこのキャラクターの出自をかんがえるなら、「勇者ロトの血を受け継いだ末裔」ということになる。

「日本経済」を鍋に例えると、その鍋は、じつは、一つではありません。
 一般国民がつついている鍋というのは、こんな感じです。
小汚い闇鍋
やみなべ ネット上で拾ってきた画像。もっと汚い鍋の画像もあったのだけれど、あまりにも見るに耐えないので、このぐらいで勘弁しておく。元はおでんだったのかな? でも、何を入れたら、こんなに黒くなるんだろう? 満足な議論も行われるまま、次々に過激な法律が思考されている現在の日本国民に待っているのは、写真のような、何が紛れ込んでいるのか判らない鍋を、泣きながらつつく、悲惨な「闇鍋地獄」の日々である。


「一般国民」ではない方々用の鍋は、こんな感じ。
ふぐちり
ふぐちり

 こんなのもある。
すき焼き
すきやき もちろん、国産和牛の一番いいところ

 とうぜん、コレもある。
おでん
おでん なべの定番

 だけど、一般庶民がつつく鍋は、これ。
小汚い闇鍋
闇鍋 すごい色。インクでも入れたのだろうか?

 先進各国の中で、日本は唯一、富の再配分によって、低所得者と高所得者との差が拡大するという、意味不明な国家です。
 普通の国の政府は、「貧しい者に、富める者の富の一部を、分け与える」のですが、日本という国では「富める者に、貧しい者から、奪いとって与える」のです。
 日本では、一度人生に躓いたら、復活するのが非常に困難、と言われているのも、こういう残酷な実態を反映してのことなのでしょう。

 国家意志として、そのような制度になっているのですから、当然、これが「日本国の国家戦略」だということになります。
 貧しい者を、さらに貧しい状態に追い込むことが、国家戦略。

 凄いですね。

 では、このような状況によって、誰がメリットを受けているのでしょう?



 国民が貧しいと、得をする人。

1.グローバル企業
 人件費を安く抑えられる。
 法人税も下がる。
 国内産業が衰退すれば、外国から商品を持ってきて、売りさばける。

2.政治家
 国民が貧しければ、政界に進出するだけの余裕がなく、選挙で有利に戦える。
 企業が政治力に縋ってくるので、企業からの献金も多くもらえるようになる。

3.官僚
 国民の力が弱まる分、自分達の力が相対的に強くなる。
 その「力」が、天下りなどで、圧倒的に有利に働く。

4.富裕層
 企業が莫大な利益を上げると、株式配当などで、莫大な利益を得ることが出来る。

 そして、この連中が手を組むと、下の図のようになる。
日本の秘密

 こんな感じで連帯すると、「国民」なんて、どうでもよくなる。
 彼等の力の源泉は、「(企業を通じて行われる)一般国民からの搾取」なので、とにかく、徹底して毟り取るような国家を作り上げようとする。
 それだと、出生率がひたすら低下するので、当然のように、不足した分は「外国人」で補うことを考える。

 食べ物が農薬まみれでも、遺伝子組み換えでも、そんなこと、上の図の、連携を組んだ連中にとっては、どうでもいい話。
 だって、自分達だけは、特別に厳選された、安全な食べ物を食べるから。
 そのイメージが、上に貼った鍋料理の数々。

 この国で起こっているのは、右と左の戦いじゃないんだよ。
 外国も入り込んで入るけれど、だからといって、外国と戦っているわけでもない。
「日本国民を喰い物にしたい連中」と、「喰い物にされている日本国民」の戦い。

 だけど、ほとんどの人は、「外国が〜」「民進党が〜」「サヨクが〜」。
 あるいは、「ネトウヨが〜」「売国メディアが〜」。
 みたいなことを言ってる。

 状況としては、
お前ら庶民は、死ぬまで働け

美味い汁をたっぷりすえるぞ

悪魔官僚「ぐっふっふっふっふ」

日銀が後をついてきた

やみなべのせんし

最後の「やみなべの戦士」をやってるのは、御用学者とか、コメンテーターとか、芸能人とか。Youtuberとか。一般的なネトウヨとか。逆に、サヨクにも居るんだろうけど。

 そういう連中が、この国にはいっぱい居て、
 ソイツらは、自分達が美味しい思いができる《一般国民が苦しむ政策》を、全力で推進してきた。

 だから、日本政府は、延々と、「デフレ政策」を続けてきた。
 景気が上向くたびに消費税を引き上げたりするのは、税収を増やすためではなくて、デフレ状態を永続させるため。

 信じたくないとか、バカバカしいとか思うかも知れないけど。
 辻褄はあってるはずだから、せめて、一度くらい、そういう視点で、世の中を考えてみて欲しいんだ。

 まぁ、今の日本人の境遇というのは、ドラクエに例えると、「竜王」と「勇者」が手を握って、世界が闇に包まれちゃった〜、な状況の中に立ち尽くす一般人、みたいな感じだよ。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply