FC2ブログ

単発記事ーcicada3301

susa


単発記事ーcicada3301


 本日(20180924)、Youtubeの動画で、2012年から2018年にかけて、「cicada(シケイダ)3301」なる仕掛け人による、世界的な謎解き騒動があったことを知りました。


 で。

 調べていて思ったのですが。


 これ、日月神示(一二三神示)だよ。

 だからきっと、日本語がわからない人には、本当の意味がわからないよ。

(本当もウソもないわな。ただ、「幅」が広がるだけだ)

 例えば。


 暗号を解読する過程で、こういう画像が貼られているページヘたどり着いたらしいんだけど。


シケイダ3301


 この画像事態が、すでにヒントなんだよね。

 decoys=囮(おとり)=おとり(お鳥)


 鴨と聴いて日本人が真っ先に連想する言葉は、おそらく「ネギ(73)」。だけど、日月神示では、この73は「謎」とも読む。

 これって、状況と、完全に一致しているでしょ?

 このページにたどり着いた人は、みんな、謎を背負ってやってきたわけだから。

 だから、カモの画像があるってことは、そういう意味でも、ものすごく屈辱的なわけだけど、そういう知識を持たない外国の人には、そんなの、全く解らない。

(「カモがネギ背負ってやってくる」ってことわざは、日本独特の言い回しだからね)
 このようなことから、「もしかして、この謎解きの鍵は《日本語》?」って推測が出来てしまう。
 それから。
 この出題者が使っていたTwitterのアカウントが下のものなんだけど。


@1231507051321


 これ、「私は一二三神示と関連がありますよ」って、白状しているようなものでしょ。
 ちなみに、この数字は「ひとつ咲いて、花、青い期待」とか、「123良い花、愛生きた人」とか読めます。
 探せば、他にも読み方がありそうですけど。

 そして。
 このツイッターの所にあった画像の一つが下なんだけど。
よみーかえる

 これはたぶん、カエルの頭にセミ(43)が乗っかってるので、よみ-かえる(黄泉帰る/読み替える)って意味だと思うよ。
(そして、西洋社会で「甦る」って言ったら、真っ先にメシア=キリストを連想するんだろうね)

 あぁ、その前に。

「cicada(シケイダ)3301」のCicadaってのは、英語でセミ(蝉)っていう意味なんだけど、同時に、シケイダ=「死刑だ!!」っていうダジャレを含んでいると思う。蝉は短命の象徴みたいなものだし。そして、蝉(43)は黄泉(43)に繋がる。

 そう。

 死刑宣告なんだよ。


 っていうことは、これって、多分、アレなんだよ。

 最後の審判


 ただなぁ。
 人間は皆、生まれた瞬間に、「貴方は、必ずいつか死にます」っていう死刑宣告を受けてるんでなぁ……

 

 まぁ、甦る(読み替える)んだけどね。

 

 そして、Cicada3301は、数字に読み替えると「49123301」。


 これを日本語に読み替えると、「すごい罪、綺麗」。


 う〜ん。

 明らかに、統一性が見て取れる。

 狙ってやってるよね。間違いなく。


 あと、逆からは「人は先に(咲きに)行くよ」と読める。

 ってことは、「オマエは鈍い(呪い)」って言いたいのかな?


caida3301の最終局面の背景


 上記の画像は、謎解きの最終局面でたどり着くページが、起動した時の状況。

 数字、アルファベット、カタカナの3種が使用されている。この演出も、謎解きのためには「日本語」が不可欠だというヒントだと思われる。(それとも、他所の国の人がこのページを見たときは、フォントの関係なんかでカタカナは表示されないのかな?)


 なお。

 自分は今日初めて、このイベントの存在を知ったニワカなんで、見当はずれなこと言っているのかもしれないので、間違ってたら勘弁してください。


※20180925-記事のいくつかの箇所を修正しました。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply