神憑りのお話ーー24

susa

神憑りのお話ーー24

黒田家の家紋  

藤巴紋(黒田官兵衛の家紋)  2014年の大河ドラマは「軍師官兵衛」で、かなりの高視聴率だったようです。普段は大河ドラマなんて観ない私も、なるべく観るようにしていました。官兵衛は、格好良かったですね。頭はよくて、行動力があって、誰が相手でも、きちんと筋を通すことが出来て。それに引き換え……


 この記事は この記事は《神憑りのお話ーー23 》の続きです。

 もちろん、この家紋は先の「トリプラキディウム」に掛かっています。
 まさか、こんな風に繋がるとは思わなかったでしょ?
 私は、まったく予想もしていませんでした。

 この家紋のモデルは、こじつけとかじゃなく、まごうこと無く藤(富士)です。
 ドラマで、官兵衛も言ってましたね。牢に閉じ込められていた時、藤が見えたから、我が一族の家紋は今後藤の紋にする、みたいなことを。

 2014年の秋のことです。
 アルバイトで、腰を痛めて、その痛みが今度は足の方に出てしまいました。
 坐骨神経痛ってやつです。
 普通の坐骨神経痛なら、湿布を貼れば、たいていすぐに痛みが引くんですが(中黃膏ってのがものすごくよく効くと思います。ちなみに、足が痛い時でも、腰に貼ります)、
この時は全く痛みが惹かず、年を越して5月、6月頃まで、痛みが取れませんでした。3月ごろまでは、まともに歩けず、ずっとビッコ引いてました。

軍師官兵衛2

黒田官兵衛
 戦国時代の、もっとも有能だった軍師(参謀)。この人が「中国大返しがえし」を進言しなかったら、秀吉が天下人になることは無かったと思われる(戦国時代が、もうしばらく続いた)。ってか、あの時代は、有能な人材が沢山居て、楽しかっただろなぁ。(たとえ、戦乱の世であったとしても)

 官兵衛も、後半は足を痛めて杖をついて歩いていたので、「真似してるみたいでものすごく恥ずかしかった」です。
 いや、本当に怪我をして痛いんだから、堂々としてて良いはずなんですけどね。

 腰を痛めた経緯を書くと、ドロドロとしてくるので、割愛します。
 ただ。
 真夜中、激痛で突然目が覚めるとか、この世の地獄みたいな日々でした。
 人生で、アレほど痛い思いをしたことは、なかったです。
(しかも、全然良くならない……)。

 いまは、普通に走しるぐらい出来ますけど、当時は、一生治らなかったらどうしよう?
 みたいな感じでした。

 ところで。
 あえて言わなくともお解りでしょうが。
 私と官兵衛は、全く似てません。
 上にも書いた通り、官兵衛は頭が切れて、行動力もあって、不屈の精神があって、どんな相手に対しても筋を通します。
 私には、そんなモノはありません。
 似ていないんけど、だけど、なぜか似ています。

(官兵衛も、「神事」に少し絡んでますしね。途中からキリスト教に入信したりして)

 実は。
 ずっと、意図的に隠しておいたことなんですが。
 私は、途中で、あることに気がついていたんです。
 多分、旅の途中辺りから、そのことに、気がついていたんです。

 ヤマトタケルやスサノオといった神様から、テルマエ・ロマエの主人公のルシウスから、うさぎドロップの大吉、あの神様やら、このお方やらに対して、「自分に似ている所があるなぁ……」とか思いながら、常に、同じ所が、決定的に違うんですよね。

 それはね。
 みんなには、仲間がいるってこと。
 支えてくれる人がいる。(あるいは、支えるべき存在がある)

 でも、私は一人ぼっちなんですね。
 一人ぼっちの世界だから、私が神様の役も、救世主の役も、ヒーローの役も、それから、悪役も、全部やらなきゃならないの。
 救世主をやりなさいとか言われて、お参りに来い、とか言われて。
 だけど、全く支援してもらえない。
 お金は自腹だし、目的地を探すのも、それどころか、何が目的なのかを推測するとこから、全部、私が一人でやらされるの。
 虚しくて、寂しいね。

軍師官兵衛・道糞s
荒木村重(道糞/道薫) 信長に使えたものの、捨てられることを恐れ、それよりは、と謀反を興す。説得に訪れた官兵衛を味方に引きこもうとするが断られたので捉えて牢に閉じ込める。その後、謀反は鎮圧されてしまうが、村重は、ちゃっかりと逃げ延びる。そして、信長の死後、茶人として、再び官兵衛の前へ現れる。全てを失った人。個人的に、作品中で最もシンパシーを感じた人。
調べてみたら、子孫は結構、いろんな分野で活躍したらしい。
なお、最終的にこの人は「道薫」と名乗るようになるんだけど、道薫は、「十九」だよね。

 だけどね。
 私の力ではどうしようも出来ないような、「物凄い運命の力」みたいなものが作用して、そういう風な演出を、してるみたいなの。
 悲しいね。

 つづく

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply