FC2ブログ

神憑りのお話ーー18

susa

神憑りのお話ーー18

るくるく・るみえる
るくるく より ルミエル(天使) 「るくるく」は漫画家あさりよしとう氏の作品で、魔界の少女「るくは」がぱっとしない「一文」という少年の元に現れて、かなりズレてはいるものの、ドラえもんとのび太のような共同生活を送るという漫画。ルミエルは、そんな「るくは」を退治すべく現れた天界からの使徒で、連載当初から登場する中心キャラクター。何かにつけて「悪魔の陰謀」と結びつけて、頓珍漢なことを行う。るくるくのギャグの何割かは、このルミエルの非常識さに依存しているといっても言い過ぎではない。なぜ彼を取り上げたかというとーーこのルミエルがやっていることって、私に似ているよね?

 この記事は この記事は《神憑りのお話ーー17》の続きです。

「るくるく
の画像を冒頭に貼ってみたけれど、今回も話題はヴァルキリー・プロファイルの続きです。

 実は、前回の書き込みの後、確認の意味もあって、ヴァルキリープロファイルを、少しばかりプレイしてみました。

 まず。
 このゲームはヴァルハラに召還されたヴァルキリーが任務を与えられて地上に降り立ち、そこでアリューゼという最強の傭兵とジェラードというアイスクリーム、じゃなくてお姫様の悲劇を予見し、そこに引き寄せられる所から動き始めます。
(ヴァルキリーの任務とは、勇敢に戦った死者の魂を集めることですので、必然的に悲劇の現場に居合わせることになります)

 その、ジェラード姫の(父親が治める)国の名前なんですが。

 アルトリア(〇六十二〇)なんです。
 あぁ。
 ここにも【二六十】が絡んでいやがったか、コンチクショウ!!
 いったい、二六十ってなんなんだよ!!

 傭兵アリューゼには足の不自由な弟がおりまして、アリューゼは弟の(経済的な)面倒をみたりもしているわけですが、その弟にこんな事をいわれます。

「つまらないと感じるのは、兄さんが満たされているからだよ」
(つまらないと感じるのは、兄さん神足されているからだよ)

 神足されてるよ!!
 俺に神を足したのはお前らだろうが!!
 何時の時代の誤変換だよ!! 最近の変換ソフトは賢いから、そんな馬鹿な変換しないよ!!
(冗談はさておき、《神様》と関わっていると、その割を食う形で《自分》がどんどん削られてしまうので、人生がクソつまらなくなります。楽しんでる人もいるみたいですが、私はこういう状況、つまらないです)

 もう少し話が進むと、アリューゼは仕事を依頼されて荷物を離れた町へと運ばされるのですが、途中で騎兵達が駆けつけてきて荷物を改めると、なんと、「荷(2)」からは眠らされた状態のジェラード王女が現れます。
(アリューゼは王女を誘拐した犯人という事にされてしまいます)

「2」ですって。
 某ネット掲示板だと「2げと」ってヤツですが、今の私にとって「2」というと、「富士(22)」の略語でしかありません。

 そんな「2」からお姫様が出てくるって……
 富士のお姫様って……
 コノハナサクヤヒメじゃないですか。
(ここで会ったが100年目ってやつですね)

 ですが、そんなジェラード姫も、そして、傭兵アリューゼも、命を落としてしまい……
 二人は、ヴァルキリーのエインフェリアとして回収されてしまう……
 のですが……。

 戦闘が始まって、ヴァルキリーが高らかに告げるのです。

 死の先を行く者達よ!!
の先きを行く者達よ!!)
※4の先=5=神子、あるいは567=弥勒。どちらも、日月神示で重要な数字。

 もうね。
「付き合ってらんねぇ」って感じです。
 アッチ向いても、コッチ向いても、みーんな、日月神示絡み。
 冒頭に書いたように、るくるくのルミエルとおんなじ状態。

 っていうか、【フレイ】(ヴァルキリーの上司みたいな存在)って女神様は、【二〇】って書くんですよね?
 それから、このゲームではフレイが怒る(ひっくり返る)と、「鬼」になります。
(戦闘になるのですが、絶対に勝てないので、事実上のゲームオーバーを意味します)

 そう考えると、意味深だなぁ……

 あ。それから……
「おまえ、沢山あるゲームの中から、自分の主張に合致するそれっぽいの見つけてきて、適当に話を作っているんだろ?」
 とか思う人もいるかもしれませんね。
 完全な証明は出来ません。
 私に出来ることといったらせいぜい、「実際に、《むか~しに買ったんだよ》という証拠を見せること」ぐらい。永久保存のつもりで、未開封の状態で保管しておいたやつの画像を張るぐらい。

ヴァルキリー‥プロファイル(未開封)
ヴァルキリー‥プロファイル 写真は後に名作シリーズを安価に再販するというPSONEBOOKというシリーズのもので、このゲームはお値段は2500円でした。今でも未開封のものが若干市場に存在しており、それはプレミアムが付いて定価より少し高めで取引されているようです。PSONEBOOKになる前の初期版だと、プレミアム価値は更に上乗せされ、未開封なら3万円以上の値がつけられているようです。そういうのがあるので、「なんか知らないけど、このゲームとは昔から、繋がりが会ったよ」という完全な証明にはなりません。


 でも。
 まぁ、別に。
  警察の取り調べで、犯行時刻のアリバイを証明しているンじゃないし、信じて貰えなければ貰えないで、別に困りませんけどね。

 ゲームを進めてゆけば、まだまだ、シンクロしている言葉や状況は沢山出てきそうな気がしますが。
 時間的にきついので、見送ります。

 ただ、まぁ。
 私の目から見ると、このヴァルキリープロファイルというゲームも、日月神示とは因縁浅からぬ関係のように感じられてしまうわけです。

 そして。
 もし、ヴァルキリー・プロファイルが日月神示の影響下にあるのだとしたら、ヴァルキリー・プロファイルの元ネタである北欧神話もまた、日月神示の影響を受けて作られた可能性が高くなる、ということ。

 になりますよね?

 ワケがワカラナイですか?
 実は私も、よく判っていません。話の規模がでかすぎるので。

るくるく・罠か!!
ちなみに、このシーン……

 罠かっ!!
 を
 花かっ!!(鼻かっ!!)

 って読んで見ると、なにか違うものが見えてくるかもしれません。
(いや、やっぱり意味が判りません)

 つづく。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply