FC2ブログ

富士と日と月(二二と一と二三)ーー16

susa

富士と日と月(二二と一と二三)ーー16
銀河英雄伝説「何らかの成果が出るまで撤退はない!」    
「銀河英雄伝説」より ロボス元帥 40代までは極めて有能な指揮官であったが、それ以降は急速に劣化して、無能に成り下がり、帝国領侵攻作戦を歴史的大敗に導いた立役者となる。「敵襲以外は起こすな」と部下に言明し、昼寝をとったことが、味方の多大な損害を与えてしまう。いいなぁ、ぐっすり眠れて。

 この記事は富士と日と月(二二と一と二三)ーー15》の続きです。

 新幹線で東京に向かう前、もしかしたら、「ゴミ拾い」などをしていたかもしれません。
 なぜそんな事をしてたのかって?

 理由は私にもよく判りませんが、「三千世界の大洗濯、大掃除」というやつなんじゃないでしょうか?
 それで新幹線に乗ったのですが、後から後から乗客が乗り込んできて、あっという間に万石になったのだと思います。新潟駅は始発なので、私は席に座れたのですが、私の事を睨みつけている人に気がついて、なんだか申し訳なくなって、私はその席を離れてしまいました。
(そして、通路の隅っこで小さくなっていました)

 でも、身体は疲れ果てていて、とてもしんどくて、席に座りたくなって。
 それで、列車を降りて、次の列車を待つことにしたのです。
(馬鹿だなぁ? 仰る通りです。馬鹿なんです)

 1月の、夜のホームは、ものすごく寒かったです。
 それで、体調は更に悪くなりました。
 しかも、次の列車がなかなか来ません。
 お腹も空いてきて、切なくて。
 なにより、自分が一体、何をやらされているのかが全く解らず、この先、どうなるかも全く見通しが立たず、それがとても心細いのです。

 それで、何処から調達してきたのか忘れましたが、「桜餅」を食べた記憶があります。
 その時に、「桜、一度にバラバラに成るぞ」だったか、「桜、一度に散るぞ」だったか、そんな感じの言葉が、頭の中でしたました。
 その声は、普段、自分が頭の中で「思考」する時と感覚的に違いはないのですが、自分ぽくないのです。なんだか、テレビ番組などの「ナレーション」みたいな感じでした。
「日月神示」を知らない方には、何のことかさっぱりでしょうが、日月神示の中に、そういう一文があるんですね。
 そして私は、「そりゃ、口の中に入れたもんは、基本的にバラバラになるだろ」とか、ぼんやりとツッコミを入れました。

 その後、新幹線が停車して、それになんとか乗れたのですが、結局、座席には座れなかった記憶があります。通路で、荷物にもたれかかって、休んだ記憶があります。

 深夜の上野駅で下車して、秋葉原へ行って、それで、まんが喫茶で会員登録をして、そこでシャワーを浴び、パソコンで調べものをして、その後、朝まで休みました。
 何を調べたのかというと、「扶桑」とは何か? 何処にあるのか?
 です。
 その結果、判ったことは、「扶桑」は名古屋にあるということ。
 あぁ。
 また、名古屋へ往くのかよ。だったら、あの時、声をかけてくれりゃいいじゃねぇかよ!!

 とか思いました。
 更に、Googleで「扶桑」に関係がある「桜」がどんなものなのかを検索すると、ひとつだけ、「桜五稜」なるものがヒットしました。

「あぁ、ここが目的地か」
 そう思って、メモを取りました。

 ちなみに、このまんが喫茶の入っていたテナントビルの一階はコンビニで、この時私は、確かボールペンとメモ帳を購入しています。ブランドは、無印良品の「良品計画」です。
 このありふれたボールペンが、後日、私を戦慄させることになります。

 朝。
 疲れが拔けない体で、今度は高速バスに乗って、名古屋へと向かいました。
 高速バスを使ったのは、「お金が心配」になってきたからです。
 同じ所を行ったり来たり、「無駄遣いが多すぎだろ」と、別の心配が始まっていました。

 そして、結構な時間をバスに揺られ、名古屋へ。
 名古屋に降り立ったのは、生まれて初めてでした。
 JRから私鉄の駅に移動して、名古屋鉄道で扶桑駅まで向かいます。
 この時、受験生向けに「サクラサクきっぷ」という記念きっぷが販売されていて、私も記念に購入しました。
 ずっと、誰かに何かを試されているように感じていたからです。
 今でも、この切符はわたしの手元にあります。
 思い出の品として。

 つづく

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply