富士と日と月(二二と一と二三)ーー10

susa

 富士と日と月(二二と一と二三)ーー10

進撃の巨人「ユミルフリッツは大地の悪魔と契約し力を手に入れる」         
進撃の巨人 より 神話に描かれた「大地の悪魔」と契約し、力を手に入れるユミル‥フリッツの絵 ユミルは「北欧神話の巨人の名前」。北欧神話では、「ユミル」は三柱の神によって解体され、そこから世界が生み出される。そんじゃあ、「フリッツ」には意味はないの? あるんですねぇ。「フリッツ」にも、意味がちゃんと。

 この記事は富士と日と月(二二と一と二三)ーー09 》の続きですが、現在迷走中で、書いてる本人も、何処へ向かっているのかよく解っておりません。ご了承ください。

 日月神示ってのと関わって、おかしな状況に陥った私でした。
 私はね。それまで、瞑想するのが得意だったんです。
 もともと、20代の半ばに、体を壊して、その時に身体を治す過程で、瞑想を覚えたんで、自己流ではあったけれど、わりと上手に出来ていたと思ってます。
 でも、瞑想とかヨガとかいうのは、精神に変調をきたすきっかけにもなるのです。
 それを、「禅病」とか「クンダリーニ症候群」とか、「僅差」とか、「魔境」とか、ストレートに「悪魔に魅入られた」とか、悪魔ではなく神に魅入られた「巫病」などと表現します。

 歴史のある宗教や武道の世界では、精神統一を極めようとした結果、《オカシク》なってしまう人が、結構出てきたのです。そのため、それぞれの体系は全く独立したものであっても、「殆ど同じところ」にたどり着いてしまう事例が多々あったというワケです。
 それで、同じような症状なのに、呼び方がやたらと沢山あります。

 私の事例が、特殊なのか、典型的なのかは、よくわかりません。

 最近、「こういうことかもしれないな」、と思ったことがあります。

 この世界には、「異常な人間」しかいません。
 みんな、何らかの「おかしな所」を持っています。
 世の中もまた、矛盾だらけです。
 そんなところで、「理想を追求して矛盾を解消してゆこうと努力すると……」

 外部(内部)に、「矛盾」を作り上げて、自分を守る。

 つまり、人間は、「矛盾のない状態に耐えられるほど強い生き物ではない」


 始まった直後の私は、典型的な「神様ありがとう」な状態になりました。
 世界は、それまでと一変して、すぎるぐらいに清らかに見えましたし、周りの生き物たちも振る舞いを変えましたし。
 毎日日の出を拝んだり、ゴミを拾うとかしたり、ネズミを捕まえる粘着テープに捉えられて死んでいたネズミの死骸の為に、泣きながらお墓を作るとかしたりしてました。
 そして、そこに鳶が「ピ〜ヒョロロロロ〜」と嬉しそうに鳴くワケです。
「あなたは今、とても素晴らしい事をしてますよ〜」
 みたいな感じで。
(鳶とは心がダイレクトに繋がってるので、ビンビン来るんです)

 時間の感覚が、時々異様に変化して、4時間分ぐらい文章を書き続けたと思って、ふと時計を見ると、1時間も経っていなかったとか。
 だけど、「だんだん怖くなった」んですね。
 世界が、私を中心に回っているように感じられてきて。
 というか、最初の時点で「貴方は神様です」みたいなところからスタートしてますし。

 嫌だなぁ、この状態。
 元に戻してくれないかなぁ?

 とか思うわけですが。
 手段が無いわけです。

「お前は神様だ」云々いうけれど、実態は圧倒的に「祟られてる」感じなんですね。
(良いことがないわけじゃないけれど、8対2とか9対1とかで不幸が大きい)

進撃の巨人「そこからは暗黒の時代だ」ss 
進撃の巨人 より 父に歴史を聞かされる幼き日のグリシャ・イエーガ 暗黒の時代っていうか……「フリッツ」の意味(別の読み方)って、「祟り」でしょ?

つづく

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply