(政治・経済)献血と消費税に共通すること

susa

(政治・経済)献血と消費税に共通すること

寄生獣「全身がだるい」
寄生獣より 後藤(右)と、トラックでたまたま後藤と接触してしまった不幸なふたり組 前々から思っていたんですが、寄生獣に乗っ取られた人の胃袋って、なんであんなに食べたものが入るのだろう? もしかして、四次元ポケットみたいになってる? 普通に考えると、「胃袋がパンクするぐらいの領」を平然と食べているんですけど…… ってか、血液は骨髄で創られるわけですが、この人、手も足も寄生獣だから、造血能力、ものすごく低いんじゃないの? この人って、無敵どころか、普通に考えたら、普段から血液が不足しがちで、ちょっと運動するだけで貧血で倒れるんじゃないの? そういうところって、ツッコミ入れちゃダメなの?

 献血という制度は、「(血液のことで)困っている人」の為に、血液を「融通」してあげる制度です。血液を集める為の採血は本人の意志によって行われます。そして、身体の大きな男性からは多めに、身体の小さな女性からは少なめに、子供からは採血しませんし、妊婦、病人、あるいは怪我をしている人からは、通常は採血しません。
 もし、血液がどうしても足りないといった状況が生じたら――例えば、献血が義務化されたとして――どういう仕組みが望ましいでしょうか?
 少なくとも、大人も子供も、全員一律に300ccずつ血をください、というようなことは、(まともな世界なら)絶対にしないはずです。
 常識的に考えれば、あくまでも、「余力のある人」が、「困っている人」の為に「融通」するという線は変えずに、「余力のある人」に対して、善意の協力を求めていた所を、「義務化」という形にするでしょう。
 毎年、自分の生まれた月に、健康状態に問題のない成人の、男性から300cc女性からは150ccずつ、とかでしょうか?

「社会福祉」というのは、基本的に様々な形で「弱者を助けるための制度」です。

 ところが日本の消費税という制度は、非常に奇妙な制度で、献血に例えると「赤ん坊からも老人からも、大手術をした直後の人からも、一律に同じ割合(体重比?)で血液を抜き取る」みたいなとんでもない事が平然と行われている、信じがたい制度です。

 また、「福祉」の中身も問題です。

 昨今、特に注目を集めているのが「待機児童問題」ですが、貧しくて結婚や出産が出来ない人からお金を取って、これらの制度に充当する、というのは、貧血の患者から血液を抜いて、普通の人に輸血するような、「何かが根本的におかしい」行為であると私は考えます。
 収入に応じて、段階的に負担率が上がってゆく、通常の税の中からこれらが支払われるというのなら、文句は言いません。
 また、待機児童問題を放置しておけと言っているのでもありません。
「財源を《消費税》に求めていることが《おかしい》のです」
 子供は弱者ですが、「子供の親は弱者ではない」のです。
「弱者ではない親」の為に、どうして、「弱者」が重荷を背負ってやらなければならないのでしょう?

 そのようにして弱者から集めた税を「(弱者から観て)贅沢」な事につぎ込んでゆくと、その内に弱者は負担に耐えきれなくなります。
 購買力は低下して、仕舞いには生活そのものが立ちゆかなくなります。
 世の中には、「ぎりぎりの状況」にいる人がいるわけですが、そういう人への負担を掛けると、それが「トドメ」になってしまうことが時として起こりえます。

 本来、そういう人には負荷を掛けないことが大原則の筈です。
 手術をした直後の、絶対安静の人からは、(検査以外の目的では)血液を抜こうとはしないはずです。もし、こういう方から血を抜き取るような真似をしてしまえば、それはもはや、「医療」ではなく、「人体実験」や「拷問」と呼ばれる行為になってしまいます。

 ところが、「日本の消費税」では、この「拷問」がまかり通っています。

 気持ち悪い国だと思いませんか?

 政治家や財務省や企業、マスメディアが、スクラムを組んで、「弱者を痛めつける世の中」を実現させようと突き進む。
 国民の大半は、「弱い者虐め」であるいという自覚を持たない。
 苦しい立場に身を置いた人や、ごく一部の「まともな人」だけが、「この制度はおかしい」と声を上げる。

 だけど、そのような声は、殆どかき消されてしまうし、多くの人は関心を払わない。

 それなのに、「この国は素晴らしい国だ」と自画自賛ばかりする。
 諸外国は、このような消費税の欠陥を是正するため、生活必需品に対しては軽減税率を導入しているケースがほとんどです。
 なぜ、日本においては、軽減税率を導入しないのでしょう?

 というよりも、かつての物品税では、なぜいけなかったのでしょう?

 消費税にまつわるおかしな点をひとつひとつ精査してゆくと、「この国の政治家は、日本国民を《殺すこと》を目的にしている」ように思えてきます。それが最も、矛盾なく状況を説明できるからです。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply