FC2ブログ

Googleアドセンスーーその⑤『そんなに美味い話ははない(?)』

susa

Googleアドセンスーーその⑤『そんなに美味い話ははない(?)』

 FC2の担当の方からメールをいただきました。
 Googleアドセンスからコピーしてきたパーツは、正しい位置に配置されているようです。
 とのことでした。
 そして、それ以上は『Googleのサービスだから、Googleに質問して』とのことでした。

よつばと「お前はナニも解ってない」s

 それだけ確認できれば十分でした。

 その後、いろいろと調べたのですか、やはり『NGワード』が問題なのだという推論に到達しました。
 死に関わる問題や、性的な表現、差別的な用語(含む『変態』という単語)、といったものがあると、そのブログに相応しい広告を自動的に配布するGoogleサーバーが、適切な手持ちの広告の中から条件に合致するものを見つけることが出来ず、広告が送られてこない、という状態が発生するのだと推測しました。
(私は、ダミーの広告は無条件に配布されるのだと想定していたのですが、おそらく、最初から条件付きで配布して、ダメブログを振るい落としてしまう方が合理的なのでしょう)

 このブログで審査を通るのは、絶望的。
 ってことでしょう。(テーマとして『死』とか『進化(変体)』とかがあるので、コンテンツ的に広告ビジネスとは相性が悪いのでしょう。もちろん、私の性格的なものもありますが。

『好き勝手をやっていると、お金まで貰えてしまう』
 というようなおいしい話ではなく、
『企業からお金を貰って広告を載せるのだから、ビジネスとして、相応の対応をしろ』
 という事なのでしょう。

 思いつきで『パっ』と初めてもダメで、ブログ開設時から綿密に計算して、なにを書き、なにを書かないか、仕事として総合的に判断しながらやらないと、おそらく成功しないのでしょう。
(常識の範囲で書いてきた人は、何もしなくとも上手くゆくのでしょうが、刺激の多いブログを目指していた場合、高い確率ではねられるのではないでしょうか?)

 少なくとも、ここ数日の心のモヤモヤは解消されました。

 担当してくれた
三浦様には、この場を借りて感謝の言葉を述べさせていただきます。
 迅速な対応、どうもありがとうございました。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply