FC2ブログ

そして、《変態》という人種が生まれた――④

susa

そして、《変態》という人種が生まれた――④

新造人間キャシャーン(玩具)
「新造人間キャシャーン」の玩具。 今のおもちゃは、ものすごく精密ですね。造形もいいし、よく動きそう。

 
この記事は《そして、《変態》という人種が生まれた――③》の続きです。

 私が生まれて初めて映画館で観た映画は、「科学忍者隊ガッチャマン」だったそうです。
(ガッチャマンを観た記憶はおぼろげにありますが、その前に何かを観た、という方の記憶が不明なので、何が最初か、自分だけでは確認出来ません)

ガッチャマン(トイ)_s
「ガッチャマン」の玩具。 ところで。ガッチャマンというのは、あくまでもリーダーである鷲尾健一人の事を指す言葉だと、Wikipediaに書かれているんだけど、そうすると、「科学忍者ガッチャマン」というタイトルと、矛盾するよね?

 新造人間キャシャーンというのは、その人気アニメ・ガッチャマンの後番組になるはずだったアニメです。
 ただ、ガッチャマンがあまりに人気だったため、ガッチャマンの後続番組でありながら、ガッチャマンと同時並行して放映されていたそうです。
(そのせいで、制作スタッフは少ないワ、予算は少ないワで、もの凄く苦労したらしいです)

 キャシャーンというアニメは、当時としては世界観が振るっていて、悪の帝王は知能を持ったコンピューターです。そして、コンピューターが狂ったとかいうんじゃなく、

《人類が増えすぎるから、地球環境が悪化したのだ》
《地球を守るために、人類は邪魔だ》

 という風に総合的に判断して、義のために、ロボット軍団を結成して、人類を滅ぼす事を決断した。(地球上に生きる動植物を守るために)

 という、時代を30年ぐらい先取りしちゃった感じのアニメ、だそうです。
 当時はまだ小さかったので、細かい所はものすごく曖昧な記憶しか残っていないんだけど……

火炎放射ロボットs
「新造人間キャシャーン」の火炎放射ロボット。 この他、ツメロボットも人類掃討のために大量生産された。
どう考えても、これは子供向け番組じゃないなぁ…… ってか、最近になって、これのプラモデルが販売されたらしい。
どういうこと? ってか、ツメロボットって、ズゴックの原型ですよね?

 ただ、一方的に人類が滅ぼされるようなアニメだと、流石に子供達が拒絶反応を起こしてしまうし、大人たちにとってもあまりにも殺伐すぎて、救いがなさすぎるので、ロボット達と戦うヒーローが登場します。
 それが、新造人間キャシャーン。
 キャシャーンは、一種の改造人間、サイボーグです。
 人間にはもう、戻れません。
「人間やめますか? それとも キャシャーンになりますか?」
「はい/OK」
 キャンセル不可能。
 どこまでいっても世知辛い世界。
 スポンサーさんは、よく許可出したな。こんなお先真っ暗な設定で。 


 このアニメの中では、人類が前々回の
《紙魚》に近いポジションにいます。
 続々と現れる新型昆虫たちに住処をどんどん奪われていった所が、そっくりです。

 つまり、ロボット軍団たちは、新しい時代の主役というポジション。
 そして、更に言うならば、前回の冒頭に登場した《イルミナティ》も、だいたいそんな感じです。(あくまでも、世間一般のイメージです)

 もうひとつおまけに、700万年前の人類の祖先とチンパンジーの祖先がわかれた頃の、

《チンパンジーの祖先》とも同じです(人類の祖先は、あの時点では哀れな負組だった事に留意してください)。

《グローバリズム》と、《アンドロ軍団》(キャシャーンが敵対したコンピューター陣営)のやっていることは、方向性が全く同じなんですね。

「この公園は、今日から俺達のものだ。お前たちは、どっかよそへゆけ!!」
 という論理。行く所が見つからない時は、「遊ぶな(勝手に絶滅しろ)」
 というわけです。

 この不条理な状況を打ち破るべくーー
 新造人間キャシャーンの世界では、「キャシャーン」という《変態》が現れました。
 人類進化の歴史の上では、「体毛をなくしたピテカントロプス」という
《変態(露出狂)
が現れました。


 そこまでこぎつけるのに、400万年もかかっちゃいましたけどね。

 つづく。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply