そして、《変態》という人種が生まれた――②

susa

そして、《変態》という人種が生まれた――②

百舌鳥さん逆上する「真のドM」s 
「百舌鳥さん逆上する」より

 
この記事は《そして、《変態》という人種が生まれた――①》の続きです。
  変態関連のイラスト・漫画を探していて、とんでもないものに遭遇してしまいました。
「実録 泣くまでボコられて初めて恋に落ちました」という漫画です。
 殴られることに喜びを感じる女性のお話です。まだ連載中で今後の行方はわかりませんが、DVとかじゃなくて、ただ「殴られることが好き」みたいです。

 ここまでゆくと、完全に「死に至る病」です。
 その世界観、私にはついて行けません。(殴るのも殴られるのも、私は嫌です)

クラゲパンチ「実録・泣くまでボコられて初めて恋に落ちましたB」
「クラゲパンチ 実録 泣くまでボコられて初めて恋に落ちました」より
 (なんか、すごい衝撃を受けました)

 ただし、自説にとって、非常にありがたいことも確かです。
《変態》というのは、強者として地上に君臨できる地位を手に入れた人類が、自らの生活圏を拡大するために必要だった《多様化》という名の必然なのです。

 昆虫という生き物は、この地球で最も成功した生物だと言われています。
 しかし、そんな昆虫にも、「始まり」はありました。

 昆虫の大祖先。
 それは、「シミ(紙魚)」の仲間です。
(紙魚の更に祖先はミジンコの仲間です)
 原始的な紙魚の口は、口というよりは身体に空いた穴といった感じのもので、そこから水分と一緒に養分を吸収していたと考えられています。

 そんな紙魚から、かなり早い段階で肉食性のトンボの祖先が分岐しました。
 水中で生きていたトンボの祖先は、ある時、発達したエラによって、空を飛ぶ能力を手に入れてしまいました。
 おそらくは、その大きなエラは求愛のためのディスプレイだったのでしょう。
 ところが、大きくて薄いエラは、風によって
トンボの祖先の身体をやすやすと空へ飛ばしてしまったのです。

仮面ライダー_s
「仮面ライダー」の方々
(昆虫とか変態=変身と言ったら、この方々が頭に思い浮かびます。一番奥の方は、私はテレビで観た記憶がありません。
平成ライダー? そんなものは、私の記憶にはただの一人も存在しません)

 仲間の多くは、乾燥した場所に落下して、そのまま干からびて死んでしまったことでしょう。しかし、ひと握りの奇跡のような幸運を掴みとった者は、別の水辺に運ばれ、そこで子孫を産み、大繁栄を成し遂げました。
 そして、その子供の世代も、同じように風で宙に飛ばされて、その中の幸運なものが、水辺にたどり着き、そこに子孫を残したのです。
 やがて、「ただ飛ばされる」ではなく、「自らの力で空を飛ぶ」という、更に高次の変態が現れ、従来型をまたたく間に駆逐して、「自力で飛べる」事が、この種の主流となった。
 それが、トンボという生き物です。

 紙魚から見たら、トンボは、「変態」「変質者」そのものです。
 ですが、トンボの能力は、紙魚を圧倒していました。そして、トンボのほうが圧倒的な多数派(メジャーな存在)になりました。

 トンボだけではありません。
 セミも蝶もカブトムシもハチも、紙魚から見たら「変態」「変質者」です。
 しかし、紙魚の立場からすれば変態ではあっても、紙魚よりも遥かに能力が高く、生態系の中で圧倒的な存在感を示している、れっきとした成功者です。

 ただし……
 もし、地球環境がいよいよおかしくなって生物の高等生存が困難な危機水域に突入してしまうと、トンボやカブトムシ、あるいはチョウチョなんかより、紙魚のほうが生き残る力が若干、強いように思われます。
 なにしろ紙魚は、紙やセロテープといった常識的にはあり得ないものまで食べてしまう上に、まる1年、何も食べなくても生き抜けるぐらい、エネルギー効率が高く、個体の寿命も7〜8年と、この種の生き物としては異様に長寿ですから。
(現実は、こんな、「実験室の中のお話」みたいにはならないでしょうが)

 紙魚から見たら、昆虫は「成功した変質者」です。
「わたし、有名になりたい!!」
 と言って東京に出て、ちゃっかり芸能事務所に転がり込んで、レコード(CD)が売れまくった、昭和のアイドルみたいな感じです。
 紙魚は、田舎に残って農家に嫁いだその親友、同級生、みたいな感じです。

 だけど、世間の風向きががらっと変わると、芸能人は、結構簡単に生活基盤を失ってしまいます。
 ちょっとしたスキャンダル一つで、あっという間にマスメディアに叩かれ、ファンが去ってゆき、仕事もなくなり、四面楚歌の状態で袋叩きにされるのです。

 話が、なんか変な方向に流れちゃいましたが。
(何で私は、トンボの話なんかしているのでしょう?)

 つづく。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply