そして、《変態》という人種が生まれた――①

susa

そして、《変態》という人種が生まれた――①

デミちゃんは語りたい「エッチなことをするとき!!」
「デミちゃんは語りたい」より

 
この記事は《ピテカントロプスの神様(心の中に住み着いた誰か)――⑦》の続きです。

《変質者》、あるいは
《変態》と呼ばれる人々がいます。
 通常では考えられないような行動を取り、通常ではありえないような事を好む人々のことです。
 この人々は、常に少数派に分類されます。
 多数派を形成出来た時点で、《変態》と呼ばれることはなくな
り、代わりに《普通》と認識されるようになるからです。

デミちゃんは語りたい「亜人の絶対数は少ない」 
「デミちゃんは語りたい」より

 そんな
《変態》な方々は、一体何時頃、どのようや理由で、そして何を目的に、この地球上に現れたのでしょうか?

 時期は、おそらく、人類が火を使いこなせるようになった後からです。
 ということは、やはり「ピテカントロプスの時代」、ということになりますね。

 なぜ、この時期以降だと言い切れるのでしょうか?
 それは、そこが人類が弱者から強者の側に移行する、分岐点だったからです。

 スズメの変態やトカゲの変態、なんてものは、確認されていません。
 おそらくは存在しません。
(同性愛的なスズメやトカゲはいるでしょうが、それは単に、自分の性別認識がおかしいだけです)
 なぜ変態がいないのかというと、スズメやトカゲが「弱者」だからです。
《変態》を容認する為には、《余裕》がなければならないのです。
 強者の集団の中で繰り広げら
れている「強いものが勝ち残るゲーム」から身を引いて、別の生き方を模索した人々。それが《変態》です。
 ですから、弱者の中から
《変態》が生まれてくることは無いのです。

 理屈は、こうです。
 カルビーのポテトチップスは、これまでに320種類発売されたそうです。
 夏になると、様々な企業が清涼飲料水やスポーツ飲料、あるいはお茶の新製品を相次いで投入しますし、冬が近づけばコーヒーや紅茶の類の新商品が登場します。
 カップ麺、インスタント麺に至っては、毎週のようにどこかの企業の新製品が現れ、そして消えてゆきます。

 なぜ、ポテトチップスやドリンク類、あるいはカップ麺ばかりが、これほど大量の「新製品」を世に送り出したりするのでしょう?
 それは、「売れるから」です。「強いから」です。

 もし、何らかの理由でこれらの製品の売上が激減し続けるようになると、新製品はほとんど登場しなくなるでしょうし、いよいよとなれば、定番商品すら、販売中止に追い込まれてゆきます。

 とはいえ、いくら何でも、「強いから変態が出てくる」では、説明として不十分すぎます。

 更に踏み込んでいうと、こういう事です。
 かっこいい人、あるいは、美しい人は、競争率が高いのです。
 ライバルが多すぎて、その人と一緒になれる可能性は極端に低いのです。

 競争率が高すぎるということは、実質的に「存在しないのと同じ」です。

 反対に、かっこ悪い人、あるいは見難い人の場合、競争率が低いのです。
 ライバルが居ないので、一緒になることは、簡単に出来るでしょう。
 そうです。
 人間は生物なので、「次の世代を残してナンボ」という存在なのです。
 だから、ライバルが少ないところに活路を見出すのは、戦術として、少しもおかしな事ではないのです。
 ただし、人間はそういう戦術のことを考えて生きているわけではありません。
 もし、この戦術を子孫を残すための技術として活用するためには、遺伝子レベルで細工を施しておかねばならないでしょう。
 その細工が施されている場所が、「脳」なのです。
 そして、細工を施された人というのは、普通の人が不快感を覚えるような事に、快楽を見出すのです。

 デミちゃんは語りたい「ニオイきついの好きだから」
「デミちゃんは語りたい」より

 暴力的な人がいるならば、暴力にむしろ喜びを覚える。
 排泄に問題がある人がいるならば、排泄物をむしろ好ましく感じる。
 他人には「狂気」に見える表情が、自分には「神秘的」見える。
 他人には「弱虫」に見える態度が、自分には「優しさ」見える。

デミちゃんは語りたい「もっと痛くして!」
「デミちゃんは語りたい」より

 そんなふうに、欠点をむしろ利点に感じるように出来れば、パートナーを見つけること自体は難しいかもしれませんが、その代わり、「自分と同じように特殊な人と出会った時、ほとんど無競争でパートナーとなることが出来るから」です。

 競争を回避することが目的なので、《変態》の趣向は、どんどん周囲の人に理解の得られない、極めて《特殊》になってゆきます。
 同じ趣味嗜好が何人も集められるようでは、もはや
《変態》と呼ぶに値しないのです。

 つづく。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply