本当にあった、「海辺の出来事」――後編

susa

本当にあった、「海辺の出来事」――後編

海辺の出来事(後編)

この記事は《本当にあった、「海辺の出来事」――中編の続きです。

ひっくり返してみたリュウグウノツカイ

 ひっくり返してみたら、左の目は、既にはなくなってしまった方でした。
 2〜3日前に、風が吹いて海が荒れたから、
その時に運ばれて、嵌っちゃったんだろうね。

 それで、波消しブロックの隙間で擦れまくって、眼が無くなっちゃったのかな?

エヴァンゲリオン「マギは回答不能を提示しています」

 知らねぇよw
 こんな推測に「マギ」の回答、要らねぇよ。
 「ただ」なんなんだよw


 で。
 このまま腐るよりは、
 鳥にでも食べてもらったほうが、
 こいつも少しは自分の生きていたことに、価値を見いだせるんじゃないだろうか?
 って思ったわけさ。(単なる自己満足)

エヴァンゲリオン「人間とは奇妙な生き物だね」


 ということで……

ゴム手袋。


 ATフィールドを展開して、「使い」を捕獲。
 離れた場所へ移動させます。

場所移動(リュウグウノツカイ)


 置きました。
(尻尾がちぎれたのは、最初に《槍》で持ち上げようとして切れちゃったからです)
 で。
 お腹が空いたので、お昼。
どんべいのきつねうどん
 しかし、いい天気。
 春みたいに温かいし、
気持ちが良いので屋外で食べてみました。
 噂に聞く、10分どんべいというやつを。
10分どんべい

 10分待ちました。

 食べました。
 味は。1割、2割おいしくなったかなぁ?
 味よりも、むしろ、「満腹感」が高まったような気が、しないでもない。
(正直、騒ぐほどのことじゃないと思いました)

 でもって。
 それから、更に5時間経ちました。
エヴァンゲリオン「私は、あの事件の闇の真相を知りたくなった」

「あの事件」とは、もちろん、
「リュウグウノツカイ」の事ですよね?」

 私も知りたいです。
(どうなったのかな?)

 ので、見に行きました。

かなり食べられたリュウグウノツカイ

  あちゃ。
 想像した以上に、食べられちゃってた。
 尻尾に至っては、誰かがお持ち帰りしちゃったようです。

 エヴァンゲリオン「それからさ、俺がセカンドインパクトの正体を追いかけ始めたのは」

 変なオチ、つけないでください。

















 おしまい。
 今回のお話に、意味なんてありません。
 だから、そんなに真剣に考えこまないでください。
 ただ、ちょっと息抜きしたかっただけなんですよ。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply