FC2ブログ

ゲームで判る、世界のからくり(カルドセプト編)

susa

ゲームで判る、世界のからくり(カルドセプト編)

シンリュウ_s
リザードマンをタコ殴り中のシンリュウ様の図

 先日インストールしたOSに、SimpleScreenRecoderという動画キャプチャのを導入してみたところ、これが騒動以上に軽快で、プレイステーションのエミュレーションぐらいなら、速度を落とすことなく録画出来てしまいました。

 それで、為にし録画してみたいなぁ、と思って、撮ってみたのが「カルドセプト」というゲームなのですが。

(良い意味で)とんでもない試合になってしまいました。

 このゲームは、モノポリーというボードゲームを更に発展させたようなゲームなのですが、そこで再現されたことが、「日本経済」の再現のように、見えたんですね。

 それで、キャプションをつけて、Youtubeにアップロードしてみました。


これが、その動画。主人公は「すさ」です。

 観ていただければ一番手っ取り早いのですが、「そんな時間ないよ」とか、「お金が欲しいだけだろ。その手はくわねぇよ」と思う方も居るでしょうから、この動画で使用したキャプション(字幕)だけ、ここに貼っておこうと思います(興味が湧いたら、観てやってください)。

 言っておきますが、「途中から、目を離せない展開」になります。



~~~~~~~~~~~~~~~~

ゲームで判る、経済のしくみ

「カルドセプト」編

~~~~~~~~~~~~~~~~

経済を理解する教材として、
モノポリーというボードゲームが、
しばしば、取り上げられます。

~~~~~~~~~~~~~~~~

カルドセプトは、そんなモノポリーを
さらに発展させたようなゲームです。

今回、とても良いプレイ画像が得られたので、
それを元に、経済を考えてみたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~

なお、当方がこのゲームで遊んだのは、
ン年ぶりですので、
下手クソな箇所が多々あるでしょうが、
その辺は、ご理解ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~

バトル参加者(カルドセプト)


「すさ」がプレイヤー。
「ゼネス」はプレイヤーを付け回すライバル。
「ヴァイデン」は民を憎む追放された王。
「ゴリガン」はプストーリーモードでレイヤーの旅のお供をした、
 「魔法の杖」でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~

動画中、注目して頂きたいのは、
プレイヤーが操作する「すさ」のえげつなさと、
「ヴァイデン」を襲う、理不尽な仕打ちの数々です。

~~~~~~~~~~~~~~~~

このゲームは、双六と同じで
ダイス(ルーレット)に出た目の数だけ進みます。
所持金(マナ)が設定されていて、
マスにクリチャー(有料)を配置して、
領土を広げます。

~~~~~~~~~~~~~~~~

クリチャーは、手札の中にあるものしか
原則として使用できません。
クリチャーは多数存在していて、
様々な個性を持っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~

また、クリチャー以外にも、
戦闘時に使用される「アイテム」、
様々な場面で戦略的に使用される「魔法」があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~

クリチャーが居るマスの下に出ている数字は
「通行料」で、
クリチャーの保有者以外がここに止まった場合、
「通行料」を支払うか、
戦闘するかを選択することとなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~

マップ上には、祠やショップが存在し、
祠に止まると「イベント」が発生します。
お店は、アイテムやクリチャーを購入したり、
護符(株のようなもの)の売買が出来ます。

(このマップに「ショップ」はありません)

~~~~~~~~~~~~~~~~

また、マップ上にはいくつかの塔が存在します。
すべての塔を通過して、お城(スタート地点)に
たどり着くと、1周ということで、
所有する資産に応じたボーナスが支給されます。

破産した場合、お城に戻され、
僅かなお金を支給されて再スタートとなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~

プレイヤーは、所有する土地(マス)に対して、
投資をしたり、特殊なアイテムや魔法を使うことで、
その土地のランクを上げることが出来ます。

ランクが上がると、通行料が増加します。

~~~~~~~~~~~~~~~~

そうやって、周回したり、
土地を奪い合ったりしながら、
所有する総資産を増やしてゆき、
お城に居る状態で、
そのマップ毎に設定されている目標額に、
到達することがこのゲームの勝者条件です。

ちなみに、このマップの目標資産総額は8000。

~~~~~~~~~~~~~~~~

今は、まだ序盤なので、衝突は殆どありません。
本当にのどかな世界です。

現実の社会だと、
「国民総中流」と呼ばれた頃に相当するのでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「すさ」が1周目を終えて、
お城にたどり着き、ボーナスが支給されました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

たった今、「すさ」が奇妙な事を行いました。

魔法を使って、
全員の進む方向を逆回転させてしまったのです。

大した意味などなさそうに見えますが、
実は、これが地獄の釜の蓋を開けた引き金なのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

さっそく、ゴリガンに不幸が訪れます。
他のプレイヤーの土地に止まったのですが、
資金が不足したため、
ただお金を払う以外に、何もできなくなったのです。

そうです。これから彼らは、資金が乏しい状態でお城まで、
2回も行かなければならないのです。

これは、「失われた20年」の再現です。

~~~~~~~~~~~~~~~~

一方、「すさ」はというと、
既に2周目に突入しているので、
お金に余裕があります。
おまけに、
魔法カードで所持金の上積みを図ります。

~~~~~~~~~~~~~~~~

予算配分、考えてる?
と心配になるぐらい、コンピューターが操作す
キャラクター達は、今までと同じペースで
お金を使います。

(まだ、全部の塔を回っていないので、
このままお城に帰っても、ボーナスを貰えない)

~~~~~~~~~~~~~~~~

「すさ」はというと、
魔法カードで更なる所持金の上積みを図ります。
(今回の「すさ」は、手札が良すぎです)

そして、「護符」を買い漁ります。
(護符の価値はマップの状態に連動して上下します)

~~~~~~~~~~~~~~~~

ゴリガンに続いて、
ヴァイデンの所持金も乏しくなってきました。

現実世界と同じで、「お金」がないと、
何も出来ないゲームなのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

一方で、「すさ」は今回もお金を増やします。

(こんな理想的な展開は、
 滅多にあるものじゃありません)

~~~~~~~~~~~~~~~~

せっかくお金が貰えるカードを持っていたのに、
ゴリガンは捨ててしまいました。
(コンピューターだからか?
 それとも、
 この動画の趣旨を理解して、 役に徹してくれている?)

~~~~~~~~~~~~~~~~

一方で、「すさ」は今回もお金を増やします。

(なんだか、だんだん、悪人に見えてきた
 世界を救う勇者だったはずなんだけどなぁ……)

~~~~~~~~~~~~~~~~

ゼネスがお城に到着しました。

しかし、ゼネスにボーナスは入りません。

ゼネスがボーナスを貰うためには、
もう一周する必要があるのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ゴリガンとヴァイデンは、
所持不足で、ただサイコロを回して
前に進むだけの状態になってしまいました。

バブル崩壊以降、
中小企や氷河期世代業が味わった悲劇の
根本にあったものが、コレ(資金不足)でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~

対象的に、「すさ」のしている事は、
株価の暴落した優良企業を買い漁った、
外国人投資家に、似ています。

(「ハゲタカ・ファンド」ってやつですか)

~~~~~~~~~~~~~~~~

とうとう、
ゼネスも、所持金がマイナスになりました。

所有する土地か護符を売却して、
お金を作らなければいけません。

(銀行が貸し渋りをする中、多くの日本企業も、
資産をどんどん切り崩し、従業員のリストラを行い、
必死に生き残りを図りました)

~~~~~~~~~~~~~~~~

ヴァイデン、ゴリガンもお城に到着ですが、
やっぱりボーナスは貰えません。

資金のない状態で、
更にもう一周してこなければいけません。

人間なら、「こんなクソゲー、やってらんねぇ!!」
と怒り出すレベルです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

続いて、「すさ」もお城に到着です。

「すさ」だけが、ボーナスを貰えます。

「世の中、本当にそれでいいのか?」

と、神様の声が聞こえてきそうな状態です。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ヴァイデンの土地にゼネスが止まって、
戦闘になりました。

まだ、ほんの小競り合いですが、
資産の少ない彼らにとっては、
「小競り合い」の費用も馬鹿に出来ません。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「すさ」は淡々と、
魔法でお金を増やします。

~~~~~~~~~~~~~~~~

土地のレベルを上げたりもします。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「すさ」以外の3人は、
所持金不足で殆ど何も出来ません。

~~~~~~~~~~~~~~~~

その影で「すさ」は、
豊富な資金を活用して、
将来の「王国づくり」に励みます。

自分だけが幸せになれる、
自分だけのための「王国」です。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「すさ」が、自分の土地の価値を上昇させた
その直後に、ゼネスが止まってしまいました。

128の支払いです。

これは、痛い!!
懐も痛いし、精神的にも物凄く痛い!!

所持金がゼロになったゼネスは、
ふたたび土地を売却してこの場をしのぎます。


~~~~~~~~~~~~~~~~

一方、諸悪の根源である「すさ」はというと、
所有する最強クリチャーである
「シンリュウ」を引き当てます。

戦闘時、HPとSTが、保有する水の護符の数と
同じになる、レア・クリチャーです。

すさが護符を買い漁っていた理由が、これです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

総資産
「すさ」  2083
ゼネス   773
ヴァイデン 546
ゴリガン  332

圧倒的に、「すさ」が勝っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ゴリガンが、お金を増やすカードを引き当てました。
今度は捨てずに使用します。

心から、よかったねって思います、
(既に、胸の中がズキズキ傷みっぱなしです)

~~~~~~~~~~~~~~~~

苦し紛れに、ゼネスが地雷を仕掛けます。

止まると、所持金が半減します。
(ただし、仕掛けた本人も)

~~~~~~~~~~~~~~~~


ゼネスが地雷を仕掛けた土地に、
ゴリガンが止まってしまいました。

所持金が半分になってしまったゴリガン。

半減といっても、28から14になっただけ。

涙。

~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな他のキャラクターを尻目に、
お城に到着して、またまた、
ボーナスを支給される「すさ」。

勝組がどんどん強くなり、
負組は貧乏から抜け出せなくなるスパイラス。

まさに、格差社会。

~~~~~~~~~~~~~~~~

すさ以外の三名は、
もう完全に「ワーキングプア状態」

才能があっても、
アイデアがあっても、

先立つものが何もないので、家畜のように
生きることしか出来ない状態。

~~~~~~~~~~~~~~~~

楽しめるのは、「すさ」だけ。

弱物いじめが、楽しいのであれば、ですけれど。

~~~~~~~~~~~~~~~~

落ち目のヴァイデンに対して、
容赦のない罠を仕掛ける「すさ」。

強制的に1しか進めなくなる魔法。

これで次のターンに、
ヴァイデンはすさの土地に止まって、
お金を支払わされる事がほぼ、確定。

~~~~~~~~~~~~~~~~

しかも、ヴァイデンが止まる予定の土地を、
ダメ押しとばかりに、レベルアップさせて
通行料を倍増させる、えげつない「すさ」。

まさに、「外道」

~~~~~~~~~~~~~~~~

狙ってなかったネスまでもが、
「すさ」の土地に嵌まってしまいました。

所持金がゼロになったので、土地を売却。

~~~~~~~~~~~~~~~~

予定通り、ヴァイデンが「すさ」の土地に止まりました。

所持金がゼロになって、資産の売却。

現在の彼に、384の支払いはキツすぎる。

~~~~~~~~~~~~~~~~

総資産
「すさ」  3233
ゼネス   707
ゴリガン  409
ヴァイデン 223

ひどいもんです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ゴリガンがお城に到着。
今度は、ボーナスが支給されます。
少しだけ、余裕が出来ました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ここで、ヴァイデンが魔法を使います。

全員に臨時収入。

おっかない顔なのに、優しいヴァイデン。

~~~~~~~~~~~~~~~~

その臨時収入よりも大きな金額を、
容赦なく毟り取る「すさ」。

キャラクターのフラフィックと同じで、
ヴァイデンはもはや、完全な奴隷状態。

飼い殺し。
(ヴァイデンは、心底、つまんないだろうなぁ……)

~~~~~~~~~~~~~~~~

そんな可哀想なヴァイデンに、
更に容赦のない罠を仕掛ける「すさ」。

さすが、世界を救った勇者様。
鬼畜っぷりがハンパネェ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、「すさ」は皆から毟りとったたお金で
せっせと護符を買いまくる。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ゼネスがお城に到着。
ボーナスが支給され、ゴリガンと共に、
少し余裕がある状態に。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「すさ」に魔法をかけられた、ヴァイデンは
サイコロの出目だけ後退ます。

頑張れヴァイデン!!
負けるなヴァイデン!!

~~~~~~~~~~~~~~~~

戦うべきか、金持ち喧嘩せず、
でゆくか?


悩んだ末に、戦ってみることに。

~~~~~~~~~~~~~~~~

アイテムを使用されることを恐れ、
アイテムを使用しました。
結果として、
贅沢な勝ち方になってしまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~

続いて、
ゼネスのナイトと
「すさ」のピラーフレイムの戦い。

レベルの高い土地なので、普通なら、
ピラーフレイムの勝ちです。

~~~~~~~~~~~~~~~~

想定外の事態発生!!
ゼネスがうまくアイテムを使って、
ピラーフレイムを倒しました。

せっかくのレベルの高い土地が、
奪われてしまった!!

「盗人やろうめ!!」
byすさ

~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、
またもや「すさ」の土地に止まってしまうヴァイデン

ついていないにも程がありすぎる……

~~~~~~~~~~~~~~~~

すべての資産を売却しても、
まだ返済額に届かず、破産状態へ

(ゲームなので、
お金を貰ってスタート地点からやり直しだけど、
現実の世界だったら、行き先は……)

~~~~~~~~~~~~~~~~

ここで、「すさ」がリバイバルのカードを入手。

早速使って、デッキを初期状態に戻します。

また、シンリュウが手に入るかな?

~~~~~~~~~~~~~~~~

総資産
「すさ」  3659
ゼネス  1797
ゴリガン 1097
ヴァイデン 500

~~~~~~~~~~~~~~~~

自分の土地の属性を「水」に変えてしまう「すさ」。
連鎖による土地と護符の価格上昇が目的。

すべては「シンリュウ」の為に!!

~~~~~~~~~~~~~~~~

戦闘発生。
ゴリガンから土地を奪うゼネス。

ワーキングプアを脱し、二位の地位を
確固たるものにした感じ。

負け組み脱出の有効手段が、「弱者からの搾取」。
悲劇の連鎖。それが、「資本主義の裏の顔」

~~~~~~~~~~~~~~~~

間髪入れず、
今度は破産によってお金を支給され、
(一時的に裕福になった)ヴァイデンが

ゼネスに対して戦いを挑む!!

~~~~~~~~~~~~~~~~

しかし、無常にも戦いの軍配はゼネスの側に。
貴重なお金の浪費に終わる。

ヴァイデンの背中に、哀愁が漂う。

~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、とうとうフィールドに投入される最終兵器。

「シンリュウ」

~~~~~~~~~~~~~~~~

先ほどのお返しとばかりに、
今度はゼネスがヴァイデンが仕掛ける!!

~~~~~~~~~~~~~~~~

またも、戦いの軍配はゼネスの側に。

可哀想なヴァイデン……

~~~~~~~~~~~~~~~~

ヴァイデンが「すさ」の土地に止まる!!

積年の恨みを晴らすべく、戦闘に突入!!

~~~~~~~~~~~~~~~~

勝者、ヴァイデン!!

やったぜ、ヴァイデン!!
おめでとう、信じていたよ、ヴァイデン!!

~~~~~~~~~~~~~~~~

意地悪できるカードが手に入ったので、
今度はゴリガンにちょっかいを出す「すさ」。

~~~~~~~~~~~~~~~~

ここで、またもや全員に臨時収入。
ありがとう、ヴァイデン!!

~~~~~~~~~~~~~~~~

戦闘発生。
「すさ」から土地を奪うゼネス。

なんだか、侮れない存在になりつつある感じ。

~~~~~~~~~~~~~~~~

その、奪われた土地にたどり着いた「すさ」。
しかし、「奪回戦」は行わず、
違う土地のレベル上げを行う。

雑魚になんて構ってないで、
総資産を8000すればいいという判断。

~~~~~~~~~~~~~~~~

先ほどの仕返しとばかりに、
ゼネスから土地を奪いとるゴリガン。

なんとなく、ゴリガンは戦闘が上手なように思う。

~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、ついに「シンリュウ」が戦う時が来た!!

総資産8000を優先する話は、とりあえず後回し。

(やっぱり、カッコいいところ見たいでしょ?)

~~~~~~~~~~~~~~~~

神が放っメギドの火に、成す術もなく、敵は屈した!

強い!! 強すぎる!! 格が違いすぎる!!

さすが、「シンリュウ」。

「神」の名を冠するだけのことはある。

~~~~~~~~~~~~~~~~

その直後、ゼネスがお城に到着。
得られたボーナスを使って、自分の土地のレベルを上昇。

「すさ」の総資産、5599
ゼネスの総資産、5192

ちょっと、ヤバイかも?

~~~~~~~~~~~~~~~~

続いてヴァイデンも、お城に到着。

総資産額は823でも、満面の笑顔。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「シンリュウ」再び!!

移動によって、
ゴリガンの所有する「高い土地」を奪いにゆく!!

~~~~~~~~~~~~~~~~

圧勝。

更に、使用したアイテムの効果で、
土地のレベルもひとつ上昇。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「すさ」の総資産、7349
ゼネスの総資産、5223

再び引き離す。
このまま、ゴールすれば勝利かな?

~~~~~~~~~~~~~~~~

あぁっと。アクシデント発生!!

ヴァイデン、ゼネスの高レベルの土地に止まってしまう。
支払額768!!

もちろん、所持金はマイナスになって土地を売却するはめに。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「すさ」の総資産、8693
ゼネスの総資産、5997

目標の8000という数字に到達。
あとはお城にたどり着くだけ!!

~~~~~~~~~~~~~~~~

前を走っていたゼネスを、
一瞬だけ「すさ」が追い越す。

通過した土地のレベルを上げる
「すさ」の総資産、8923
ゼネスの総資産、5997

~~~~~~~~~~~~~~~~

ゼネス、「すさ」を再び追い越して、

「すさ」と同様、
通過した土地のレベルを上げる
「すさ」の総資産、8923
ゼネスの総資産、6637

~~~~~~~~~~~~~~~~

ヴァイデン、二度目の破産。

すべてを失って、スタート地点からやり直し。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「すさ」のサイコロの目、「1」


ヤバイ。
ゼネスが先にゴールしてしまう!!

~~~~~~~~~~~~~~~~

ゼネス、「すさ」との距離を引き離し、
更に通過した土地のレベルを上げる

「すさ」の総資産、8935
ゼネスの総資産、7335

ゴールしたら、ゼネスも8000を超える!!
嘘でしょ。
あの圧勝状態から逆転負けするの?

~~~~~~~~~~~~~~~~

この続きは、流石に動画で観て下さいた。
(ここまで関心を持って読んでくれたんなら、その方がいいでしょ?)



スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply