FC2ブログ

コノハナサクヤヒメはお笑いになられる――その④

susa

コノハナサクヤヒメはお笑いになられる――その④
(この記事は《コノハナサクヤヒメはお笑いになられる――その③》の続きです

金太郎飴

 どこを切っても富士山(スサノオ)が出てくる落語の様な展開は、まだまだ続きます。

 ですが。
 その前に、思い出して欲しいことがあります。
 イザナギは、単独で子供を作っているのです。
 ですから、コノハナサクヤヒメに同じ事が出来るのなら、お腹の子供が本当に、ニニギの子供では無いかもしれない、のです。
 でも、同じような理屈で、身ごもったその翌日に、子供を産める可能性もあるのです。

 真相は、誰にも判りません。

 こういうところで白黒ついちゃったら、どちらが正しく、どちらが間違っているか、明らかになってしまいます。それだと、笑えなくなります。
 こういう話しは、どちらが悪者か、どちらが正義か、判らないから、可笑しいのです。

 コノハナサクヤヒメの出産は、無事に終わります。
 しかも、産まれた赤ちゃんの数が、なんと、三人(柱)。
 ニニギさん、結ばれたその翌日、いきなり三児の父になってしまいました。
 この辺りなんかも、もう、明らかにおふざけです。
 で。
 三柱の子供を産むって話しは、どう考えても、イザナギが三貴子を産んだ事に対するパロディーですよね?
 火の中で子供を産るだところは、火を産んで火傷で死んでしまうイザナミと対になっています。ご丁寧に、コノハナサクヤヒメが産んだ子供には、全て名前に「火」の一字が入っています。
 ということは、やはり、これもパロディーです。
 産まれてきた三柱の内、真ん中の子に全く出番がないのは、ツクヨミに、成長した後で、一番上と一番下とで兄弟喧嘩が始まってしまうのは、明らかにアマテラスとスサノオを意識しているのでしょう。
 もう、何から何までパロディーづくし。

 そして、末の子の名前は、成長して「山彦」に変わる。
 末の子で「山」の「彦」……
 ってことは、またしても、スサノオ。

 この三兄弟は、三つ子なんだから、当然、上の子も真ん中の子も、同じ顔?
 ってことは、この子達が成長すると、三柱ともスサノオ顔になるんです。

 これで、コノハナサクヤヒメの周辺のスサノオ顔が、倍の六つになりました。

おそまつ君

 ……もうこれ、完璧に漫画の世界でしょ?

 その⑤へつづく

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply