FC2ブログ

「やおよろずの神々」に関する考察――その⑤

susa

「やおよろずの神々」に関する考察――その⑤

(この記事は《
「やおよろずの神々」に関する考察――その④》の続きです
※記事が消えちゃったので書き直しました。そしたら、流れが少し変になりました。読みにくい文章で、すいません。


 1×1と、-1×-1の答えは同じです。

 1が2でも、3でも、10でも100でも、この図式に変化はありません。

 え?

 なんで数学の話をしだしたか?

 やおよろず(八百万)の謎解きだから、ですよ。

 数字から答えを導くんだから、計算は必須でしょ?

 つまり、
 おや×X=やお×よろず
 なのです。
 従って、
 X=やお×よろず÷おや
  =よろず÷−1
  =逆よろず

「よろず(たくさん)」の逆さまって、なんだ?

「少ない」もしくは、「ない」ですね。

 つまり、「やおよろず」という言葉が本来表現したいのは

「親がいない(少ない)」って意味だったんです。

 それが何を意味しているか、というと。
 もちろん、母親が出産時になくなって、自分一人だけこの世に残された、子供。
 あるいは、その兄姉達。

 そして、「八百万の神々」という言葉がもともと意味していたのは、「子供を送り出すために、

自らの命を犠牲にした母親たち」。転じて、「イザナミ」

 縄文文明の基軸は、イザナミなんです。
 イザナミこそが縄文文明の最高神なんです。
 もともと、縄文文明は女性中心の社会でした。
 男は、命を張ってる女性達には、到底、頭が上がりませんでした。
 だから、そのシンボルであるイザナミが一番偉いのは、当然なんです。


 私達は、「八百万の神々」という言葉を聞くと、「神様の大群」をイメージするのだと思います。そして、威勢のよい気持ちになるのでしょう。
 しかし、この言葉に込められた本当の意味は、「イザナミ」という、たった一人の神様のことであり、悲哀が篭った言葉なのだという事がわかります。


 さて。
 本当にこれで間違いがないか、「親が少ない」=「神様」という視点から、
 神々を検証してみましょう。

 イザナミ、イザナギに、親はいません。
 この二柱は、「宇宙の神秘的ななにか」によって発生した純然たる神様です。
 だから、条件を満たしています。
 アマテラス、ツクヨミ、スサノオに、母親はいません。
 イザナギ単神で産んだ子供だからです。
 だから、条件を満たしています。

 じゃあ、いったい、縄文人たちはなぜ
「やおよろずの神々」なんて、持って回った言い回しをしたのでしょうか?

 その⑥へつづく。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply