マイコン(STM8)覚書_20180104

susa

 この3ヶ月ぐらいの間に、私のお気に入りだったSTM8S003F3P6というマイコンの価格が、2倍以上に跳ね上がってしまっています。上位機種のSTM8S103F3P6よりも高いです。
 何故でしょう?
 
以前の003F3P6は、中国系通販だと1つ23円とかで買えたんですけど。
 失敗して破壊しても痛みをあまり感じないので、練習に持って来いだったんですけど。
(ハンダ付けの失敗や配線ミスで、割と簡単に壊れます)
 今は60円ぐらいする。
 5個壊すと300円です。
(今、AIスピーカーが流行っているらしくて、その影響で、電子部品の需要が逼迫しているんだとサ)

 それと、これのPINの数を増やした32PINバージョンであるSTM8S003K3T6/STM8S103K3T6ってのを弄ってみたんだけど、F3P6の為に書いたプログラムが、全く変更なしに動いてくれて、ちょっと嬉しかったりします。
 CNCフライスで自作したプリント基板に、F3P6をハンダ付けするのは、今の私には不可能だと思うけど、K3T6の方なら、頑張れば出来るような気がしているので、今後はK3T6(というか32Pin)の方に力を注いでゆきたいです。

スポンサーリンク

Posted bysusa

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply